2015年11月24日火曜日

CoreOSをVMwarePlayerにインストールする(OVA)



「とりあえずVMwarePlayerでCoreOS動かしたい」だけの目的の場合での構築メモです。

CoreOSのイメージは最新のVMwarePlayer(VMware Workstation 12 Player)であればOVAが提供されています。

【Running CoreOS on VMWare】
https://coreos.com/os/docs/latest/booting-on-vmware.html

以下OVAファイルをダウンロードします。
http://stable.release.core-os.net/amd64-usr/current/coreos_production_vmware_ova.ova

VMwarePlayerで「仮想マシンを開く」で上記OVAファイルを選択します。

「インポート」をクリックします。
途中、失敗のダイアログが表示されるので「再試行」をクリックします。

インポート完了後、仮想マシン一覧に登録されるので「設定の編集」からネットワークの種類を「NAT」に変更します。(DHCPでIP勝手にとってくれるので・・・)

以降の作業は以下URLを参考にしました。

http://kb.vmware.com/selfservice/microsites/search.do?language=en_US&cmd=displayKC&externalId=2105725

仮想マシンを起動します。
ブートローダ画面表示されるので「e」キーを押します。
カーネル起動パラメータが表示されるので
「$usr_uuid」パラメータの次に「coreos.autlogin」と入力します。
F10キーを押して起動します。
ユーザcoreでログインシェルに自動ログインしました。

以降はTerTermで接続して作業します。
ユーザcoreの一時パスワードを設定します


 sudo passwd core


ifconfig コマンドでIPアドレスを確認してTeraTermでユーザcoreでパスワードログインします。
以下コマンドでユーザcoreの本パスワードを生成します。

 openssl passwd -1 [パスワード]

※本当は公開鍵/秘密鍵を生成したほうがよいのですがテストということで。詳細は参考URLを見てください。

上記コマンドを実行すると乱数が生成されるのでコピーします。
以下コマンドを実行します。


 vi /usr/share/oem/cloud-config.yml


以下パラメータを追加して保存します。


users:
 - name: core
   passwd:[生成された乱数]
   groups:
   - sudo
   - docker

再起動します。

再起動後、コンソール画面からcoreユーザでログインできること、TeraTermからcoreユーザでログインできることを確認します。

適当にコンテナ動かしてみます


 docker run --name ubuntu -it ubuntu /bin/


動きました
isoと違ってVMware Tools Agentが入っているので管理しやすいですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿