2015年12月10日木曜日

Proxmox veで各コンテナの使用量を比較する

コンテナは基本、ライブマイグレーションできない(できそう)ので
じゃあCoreOSをVMとして作成してコンテナ動かせばライブマイグレーション
できることになるのでは、と思い(VMwareが既に思いついてましたが)
以下、比較してみました。

比較用コンテナ:CentOS7

LXCコンテナ
 メモリ 47MB
 →そりゃそうですね


VM:CoreOS配下でdokcerコンテナ起動
 メモリ 149MB
 →+100MBですが低い値で稼働できますね


VM:CentOS7S配下でdokcerコンテナ起動
 メモリ 629MB
 →まんま仮想マシンCentOSのリソースが使ってますね・・・

VM:VMware PhotosOS配下でdokcerコンテナ起動
 メモリ 112MB
 →おおっCoreOSよりもメモリ節約できていますね

ライブマイグレーションの恩恵を考えるとVMとしてコンテナ用ホストを作成してその配下で
コンテナを動かすという運用もコンテナによってはありではないでしょうか。
vMotionとか簡単にできますしね。


0 件のコメント:

コメントを投稿