2016年1月20日水曜日

Windows10 Hyper-VでNanoServerを試す。



Windows10 Hyper-V環境でNanoServerを構築後NanoServerコンテナを実行するまでのメモです。
手順としてはWindows2016OSイメージからpowershellスクリプトでNanoServerの仮想ディスクイメージを
作成しHyper-Vで動かします。

New-ContainerHost.ps1を使えば一気に構築してくれるのですがHyper-V限定かつ5時間もかかるので
手動での手順も確認しました。

以下URLわかりやすいですね。
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/virtualization/windowscontainers/deployment/deployment
https://technet.microsoft.com/en-us/library/mt126167.aspx

まずはWindows2016TP4のisoイメージをダウンロードします。

https://www.microsoft.com/en-us/evalcenter/evaluate-windows-server-technical-preview

Windows2016TP4isoを右クリックでマウントします。(ここではD:)

作業フォルダを作成します。(ここではC:\nano)
下記ファイルをC:\nanoにコピーします。

 D:\\NanoServer\Convert-WindowsImage.ps1
 D:\NanoServer\NanoServerImageGenerator.psm1

下記コマンドを実行して仮想ディスクイメージを作成します。(イメージはc:\nanodisk\disk.vhd)
最初にパスワード入力を求められます。

Import-Module C:\nano\NanoServerImageGenerator.psm1
New-NanoServerImage -MediaPath D:\ -BasePath c:\nano -TargetPath c:\nanodisk\disk.vhd -MaxSize 10GB -GuestDrivers -ReverseForwarders -Compute -Containers

Hyper-V管理マネージャで仮想ホストを新規作成し、作成時に上記c:\nanodisk\disk.vhdを指定します。

作成した仮想ホストを起動します。

起動するとコンソールにユーザ名とパスワードとドメイン名の入力画面が表示されます。
コンソール上では何もできないためリモートで接続します。

Windows10のPowerShellにて以下コマンドを実行します。

 Set-Item WSMan:\localhost\Client\TrustedHosts "NanoServerのIPアドレス"

以下コマンドでNanoServerにリモート接続します。

Enter-PSSession -ComputerName "NanoServerのIPアドレス" -Credential "NanoServerのIPアドレス\Administrator"

以下のコマンドでIISが導入できます。

powershell
Install-WindowsFeature web-server

メモリ使用量は209MBのため軽量です。
NanoServerでコンテナも起動できますね。VHDをVMDKに変換すればESX環境でもNanoServerが動かせそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿