2016年3月30日水曜日

VMwarePlayerでUbuntu Snappy Coreを動かす


VMwarePlayerでUbuntu Snappy Coreをインストール後、LXDをインストールするまでの手順です。

以下URL参照
https://developer.ubuntu.com/en/snappy/start/?_ga=1.61199852.191622956.1459234529

VMwarePlayerやESXiでUbuntu Snappy Coreを動作させるためには以下の2つが必要となります。
①OVAテンプレート
②cloud-configのisoイメージ or vmdkイメージ

①は参照URLからダウンロードします。

http://cloud-images.ubuntu.com/ubuntu-core/15.04/core/stable/current/core-stable-amd64-cloud.ova

②は別途手動作成が必要です。

 Ubuntu15.04上でコマンドラインで作成します。
 
  user-data meta-data を作成します。


$ cat >> user-data <<"EOF
#cloud-config
snappy:
    ssh_enabled: true
password: passw0rd
chpasswd: { expire: False }
ssh_pwauth: True
EOF

$ cat >> meta-data << EOF
instance-id: $(uuidgen)
local-hostname: ubuntu-snappy
EOF

 上記ファイルを含むiso/vmdkイメージを作成します。


$ dd if=/dev/zero of=bloat_file bs=1M count=10
$ genisoimage -output seed.iso -volid cidata -joliet -rock user-data meta-data bloat_file
$ qemu-img convert -O vmdk seed.iso seed.vmdk


 上記iso/vmdkファイルをWinSCP等でダウンロードします。

①でダウンロードしたovaファイルをVMwarePlayerにインポートします。(ダブルクリックするとウィザード形式で仮想マシンが作成されます。)

VMwarePlayerの「仮想マシン設定」からCD/DVDを「追加」して②で作成したisoイメージをマウントします。

Ubuntu Snappy Coreが起動します。
ユーザ名は[ubuntu]パスワードはCloud-Configファイルにて記載したパスワード(上記では[passw0rd])です。

下記コマンドでLXDをインストールします。


sudo snappy install lxd.stgraber


デフォルトでSSH有効ですね。CoreOSよりもセキュリティは低いですが使いやすそうです。

0 件のコメント:

コメントを投稿